一から出直し

サプリメントと薬の違いとは?健康を追及していきます。

サプリメントと薬とは?

2011年12月16日(金) 21:46

薬とサプリメントの違いは何でしょう。

アメリカほどではありませんが、近年では日本でもサプリメントの販売動向は活況を呈しているといいます。

従来タイプはカプセルや錠剤の形をしたサプリメントですが、最近ではサプリメントの外見も多様化しており、ゼリータイプやドリンクタイプもあります。

今では、生まれたての赤ちゃんからお年寄りなど、あらゆる人がサプリメントを使っています。

サプリメントは食品の一形態です。

最近はサプリメントに対するとり決めも厳しくなる傾向もあり、誇大広告やまぎらわしい表現、健康への効果を強調するような宣伝は禁止されています。

サプリメントは薬とは異なり処方箋は必要なく、誰でも簡単に手に入る利便さがあるので、過剰摂取も気になるところです。

本来ならば体にいいはずの栄養素をサプリメントから取り入れすぎたために、体調悪化を招いてしまったという人もいます。

サプリメント使用する際には、薬と同様に用量を正しく守ることが大切です。

体にいいからと、とにかくさまざまな種類のサプリメントを毎日摂っている人も見かけます。

個々の飲み合わせの問題や、サプリメントの分量さえ気に掛けていればトラブルは発生しにくいかもしれませんが、サプリメントとはあくまで脇役的存在です。

まずは食事の内容を改善し、どうしても足りない栄養成分だけをサプリメントで補うのが正しい利用法です。

サプリメントは薬と異なり、体にはっきりとした影響が自覚できるようになるには、数ヶ月がかかることがあります。

Page Top

Copyright(c)一から出直し. All rights reserved.