一から出直し

サプリメントと薬の違いとは?健康を追及していきます。

サプリメントと薬の併用って?

2011年9月13日(火) 05:46

サプリメントと薬を同時に使う時はどうすればいいでしょう。

サプリメントを構成している成分とは、食材に含まれている栄養成分を取りだして固めたものが大半を占めています。

多忙な人は外食や不規則な食事を続けていると、健康維持に確保したい栄養素が足りていないことがあります。

健康を維持するために取り入れたい栄養素を確保するには、食事内容をチェックし直すことです。

足りない栄養成分は、サプリメントを利用すれば簡単に補うことができます。

カロリーを気にしなくていいのもサプリメントの大きなメリットです。

特にダイエット中の人は、食事制限によって摂取カロリーを低減させる場合が多いので、どうしても栄養が偏りがちになります。

栄養補充のサポートをサプリメントで行うことは有益です。

注意点としては、薬と同時に使うことがあります。

薬はそれ自体にも多かれ少なかれ副作用がありますが、サプリメントを摂取することで、より出やすくなる場合も考えられます。

薬の作用が強くなりすぎたり、抑制されたりということがサプリメントから起きることがあります。

ビタミンCは数あるサプリメントの中でも人気がありますが、インスリンを使った糖尿病治療を行っているという人は、薬の効果が出すぎてしまう可能性があると言われています。

また、サプリメントの成分と精神安定剤のうちの幾つかは、同時に使うことによって薬が弱まることがあるそうです。

飲み合わせに問題がないかどうか、医師から処方された何らかの薬を使っているという場合は、サプリメントを使う前に担当医に話を聞いてみた方が安心して飲めるでしょう。

ラクトフェリンサプリのおすすめサイト

こちら

このラクトフェリンは熱に弱く、市販のミルクにはほとんど含まれていません。そこで注目されているのがサプリメントタイプのもので、特にライオンのラクトフェリンは口コミで人気が高いです。

ラクトフェリンは熱に弱いのかぁ。じゃあサプリで摂るしかないのかな?
www.lactoferrin-supplement.com/

Page Top

Copyright(c)一から出直し. All rights reserved.